ぶらり散歩で身近な日本史

建築

京都の世界文化遺産「金閣寺」

「金閣寺」ってどんな寺院?もともとは将軍・足利義満の別荘!

「金閣寺」といえば、日本を代表する寺院です。
「金閣寺」という名は通称で、正式名称は「鹿苑寺(ろくおんじ)」と言い臨済宗相国寺派の寺院です。

鹿苑寺という寺院になる以前は室町幕府三代将軍・足利義満の別荘であり、京の北山にあったことから「北山山荘」と呼ばれていました。
別荘とは言っても、規模は天皇や貴族が住む御所に匹敵し、足利義満はここで政治を行っていました。

足利義満の死後、別荘は相国寺塔頭(たっちゅう)の禅寺になり、寺院の名前を足利義満の法名である「鹿苑院殿」にちなんで鹿苑寺にしました。(※塔頭とは禅寺(臨済宗や曹洞宗)において、祖師や高僧の死後に弟子が供養のために建てた塔のこと)
以後は戦・災害・放火により焼失が繰り返され、その都度再建されてきました。

明治時代初期の廃仏毀釈(はいぶつきしゃく、仏教の破壊運動)によって経済的な基盤を失いますが、有料で一般公開し収入を得るなど歴代住職の努力によって危機を乗り越えます。

そして、1994年に「古都京都の文化財」の1つとして世界文化遺産に登録されました。

「金閣寺」の1番のスポットは金箔で張り巡らされた「舎利殿」!

足利義満の別荘として栄えた「北山山荘」。
中でも、足利義満が力を入れたのが「舎利殿」で、一般的には「金閣」の名で知られています。

舎利殿とは、釈迦の遺骨である「仏舎利」を安置した建物のことです。
金閣寺の舎利殿は、他の寺院の舎利殿とは違い二層目と三層目が金箔で覆われています。
また、初層が寝殿造(貴族様式)、二層が武家造(武家様式)、三層が仏殿風(禅宗様式)、そして屋上に鳳凰像という造りになっています。

これらは、将軍である足利義満が貴族よりも権力があるということを知らしめたと考えられています。
現在の金閣(舎利殿)は1955年に再建されたものですが、創建当時の姿に復元され、今では北山文化を代表する建造物として知られています。

見所は「金閣(舎利殿)」だけじゃない!他にも見ておきたいスポット

金閣寺には「金閣」以外にも見所がたくさんあります。まずは「方丈」です。
この「方丈」は金閣寺の本殿にあたる建物で、広さは約200平方メートルもり、境内の中央部にどっしりと建っています。

他にも、眼病にご利益があるといわれている「不動堂」は、戦国武将の宇喜多秀家が再建したものと言われていて、金閣寺の境内の中では一番古い建物でもあります。

建造物以外では、足利義満が植えたとされる松の木「陸船の松」、足利義満がお茶の水につかった「銀河泉」があります。
そして、ほとんどの方が見落としてしまう金閣寺の土塀。
金閣寺の土塀には白い線が5本引かれていますが、これは寺格を示したものと言われています。(※宗派によって寺格は変わります。)

さらに、金閣寺は四季折々の姿を見せるので、一年中いつでも行ける寺院です。
ぜひ一度足を運んでみてください。

「金閣寺」への行き方は?アクセス方法や参拝時間・参拝料は?

《所在地》
〒603-8361 京都府京都市北区金閣寺町1

《アクセス》
・🚌…京都市営バスで「金閣寺前」または「金閣寺道」で下車してください。
・🚙…自家用車で来訪する場合は駐車場があるのでそこを利用してください(250台程度)。

RELATED

PAGE TOP