ぶらり散歩で身近な日本史

庭園

「 国立科学博物館 附属 自然教育園 」大都会の奇跡

自然教育園 は大都会である東京に、手つかずの自然が残る奇跡的な場所です。
JR山手線目黒駅から徒歩9分の港区白金台の場所にある「国立科学博物館 附属自然教育園」には、大都会にいながら、室町時代から江戸時代初期の中世から残る自然を味わうことができます。

付属自然教育園_foundjapan

国立科学博物館 付属 自然教育園 の変遷

国立科学博物館 附属 自然教育園 のある土地には室町時代~江戸時代初期の中世時代の頃、名前は定かではありませんが、富を持ったある一族の館がありました。

江戸時代中期には高松藩主松平頼重の江戸別邸に、明治時代になると軍備強化のために海軍省と陸軍省の管理下におかれ火薬庫となりますが、大正2年に火薬庫としての使命を終え、大正6年に白金御料地として宮内省管轄の土地となります。

こうして長期間の間、部外者は入ることが出来なかった土地は、荒らされることも開発されることもなく、豊かな自然が残りました。

1949年に全域が天然記念物および史跡に指定され、1962年には現在の国立科学博物館付属 自然教育園 となり、一般の人々が足を踏み入れる事が出来る様になりました。

付属自然教育園_foundjapan
付属自然教育園_foundjapan

国立科学博物館 付属 自然教育園 の魅力と見どころ

多様性溢れる自然

国立科学博物館 付属 自然教育園 は、多様性豊かな自然に溢れています。
東京ドームが4つ入る大きさ、約20ヘクタールにもわたる敷地内には、1470種の植物、2130種の昆虫、130種の鳥類が見られ、定期的に木や植物、生物の調査研究が行われています。

園内は1時間30分〜2時間ほどで回ることができる回遊式となっていて、その中で出会う色とりどりの動植物は都心にいることを忘れさせてくれるので、まさに都会のオアシスとでも呼べるような空間です。
サクラやモミジの紅葉の名所として知られおり、季節ごとに違った表情を見せてくれることからリピーターが多いことも特徴です。

付属自然教育園_foundjapan
付属自然教育園_foundjapan

3つの植物園エリア

自然豊かな国立科学博物館 付属 自然教育園 の中でも、樹齢400年にもなる巨木の数々やモミジの新緑・紅葉、そして生き物で溢れる小川や湿地は特に注目したいポイントです。

園内は水生植物園、路傍植物園、武蔵野植物園と3つの園に分かれており、それぞれ違った雰囲気を味わえます。

武蔵野植物園では草原や雑木林、そしてアマナ、カタクリ、シュンラン、ヤマユリなどの野草類やシジュウカラなどの鳥類が見られます。

一方で路傍植物園では山野の野ばたに育つヤマブキソウやタチツボスミレなどの野草類から、カラスアゲハといった生き物も鑑賞できます。

最後に水生植物園はまた違った雰囲気となっており、池や湿地に生育するハナショウブやツリフネソウ、ミソハギなどの植物が見られ、小川にはメダカやモツゴなどの魚やカルガモやアオサギ、カワセミなどの鳥にも出会えるかもしれません。

付属自然教育園_foundjapan
付属自然教育園_foundjapan
付属自然教育園_foundjapan

学習支援活動にも注力

自然離れが続く時代において、自然により親しみ、より深く理解するための学習支援活動にも注力しています。
例えば子供自然教室や日曜観察会など、東京においても自然と触れ合い、自然を学ぶ貴重な機会を提供しているのです。

また、園内には企画展示をするホールなど自然を学ぶ仕掛けが多くあります。

付属自然教育園_foundjapan
付属自然教育園_foundjapan

国立科学博物館 付属 自然教育園 には、中世時代から残る自然が味わえます。1時間から2時間程度の散策の中での動植物との出会いはとても贅沢な体験です。都会の喧騒の中で、本来の自然から出されるマイナスイオンの空気を楽しんでみてはいかがでしょうか。

国立科学博物館 付属 自然教育園 へのAccess

所在地:東京都港区白金台5-21-5

TEL:03-3441-7176

最寄駅:
JR山手線 目黒駅東口より目黒通り徒歩9分
東急目黒線 目黒駅正面口(中央口)より目黒通り徒歩9分
東京メトロ南北線/都営三田線 白金台駅出口1 より目黒通り徒歩7分

公式サイト:https://ins.kahaku.go.jp/index.php

RELATED

PAGE TOP