ぶらり散歩で身近な日本史

建築

「 ニコライ堂 」平和への祈り

J R御茶ノ水駅から坂を下り、神田駿河台のビル街に佇むニコライ堂。

正式名称は日本ハリストス正教会東京復活大聖堂です。
薄緑色のドームの聖堂は、周囲とは異なる荘厳な雰囲気が漂っています。

町のランドマーク的存在である、ニコライ堂をご紹介します。

多くの試練を乗り越えた祈りの聖堂

ニコライ堂 は、ロシアから函館へ司祭として来日したニコライ・カサートキン大主教によって、正教会の伝来拠点として建てられました。1884年に着工し、7年の歳月を経てロシアと日本人信徒の寄付金により1891年に完成し、日本ハリストス正教会の総本山となります。

正教会は東方正教会とも呼ばれ、キリスト教が誕生した中近東を中心にギリシアや東ヨーロッパ、ロシアへ広がりました。西ヨーロッパを中心に広がったローマ・カトリック教会とともにキリスト教の基となる最古の教会です。

1917年ロシア革命が起こり共産主義政権になると、ロシア正教会は弾圧の対象となり、日本の正教会も本国ロシアからの支援を絶たれてしまいます。

その後1923年関東大震災で、聖堂はドームが崩壊し土台と煉瓦壁のみとなり、試練は続きます。ニコライ師の後継者・セルギイ府主教は信徒のために、礼拝を四国松山の聖堂で行い、1929年の復興再建を待ちます。復興した大聖堂は第二次世界大戦の空襲被害から難を逃れることができ、日曜学校や教会の活動をいち早く行いました。

1962年国の重要文化財に指定。石造文化財の中では、最も古い建物です。

礼拝の行われる毎週日曜日の午前10時から10分程鐘が鳴らされ、現在も平和の祈りが捧げられています。

ニコライ堂
ニコライ堂
ニコライ堂

建物

ニコライ堂 の設計は、ロシア人建築家ミハイル・シチュールポフが原案を設計し 英国人建築家ジョサイア・コンドルが実施設計と工事監督を行いました。関東大震災後の修復設計には、大阪の中之島公会堂や東京の歌舞伎座を手掛けた岡田信一郎が携わりました。

入口には八端十字架。短い横ラインがイエスの罪状を、下の斜めのラインは足台を表しているといわれています。

最大の特徴は美しいドームのエメラルドグリーンと真っ白な壁のコントラストで、大聖堂の本堂と鐘楼のうえに十字架が輝いています。尖端状鐘楼があるドームの高さは35mで、日本最大のビザンチン様式の建物です。

ニコライ堂

聖堂拝観

ニコライ堂 の拝観や礼拝の見学は、信徒でなくとも可能です。信徒でない方は会堂の後方での見学。礼拝の見学中は、案内係の方が正教会についてレクチャーしてくれるので、キリスト教にまつわる知識がない方でも理解を深められます。

一般拝観できる範囲の場所には聖人の絵が描かれているイコンが置かれ、キャンドルに明かりが灯されています。正教会では立ったまま礼拝を行うため、長椅子はないことに驚くはずです。カトリックの聖歌やプロテスタントの賛美歌とは異なり、アカペラで歌われる聖歌にもご注目。女性の澄んだ歌声を聞いていると、身も心も浄化され清々しい気持ちになります。

現在はコロナ禍のために拝観を休止しています。公式ホームページでご確認ください。

ニコライ堂

イコンと山下りん

ニコライ堂 の内部には多くのイコンがあり、目を奪われます。

イコンは礼拝のための絵画で、キリストや聖母、聖人の像が描かれています。荘厳なイコン絵画は中世イタリア美術の影響を強く受け、10世紀にギリシア正教を国教としたロシアで花開きました。現在では宗教的な意味合いを離れ、純粋に芸術として再評価されています。

日本人最初のイコン画家である山下りん(1857-1939)は正教会の女性信者でした。ロシアの女子修道院でイコン制作の技術を学び、1883(明治16)年に帰国し、ニコライ堂竣工に合わせてイコンを描きましたが、震災で消失。山下りんのイコンにはサインがなく、ただ一心に教えを守りながらイコン制作に生涯を捧げました。りんの描いた300点余りのイコンは、日本の正教会で今も静かに人々に安らぎをもたらしています。

イコンイメージ

イコンイメージ図です(ニコライ堂内部ではありません)

ニコライ堂 へのアクセス

・所在地:千代田区神田駿河台4-1

・最寄駅:JR中央線・総武線 御茶ノ水駅(聖橋口)徒歩2分、地下鉄(東京メトロ千代田線)新御茶ノ水駅(出口B1)徒歩2分

・公式サイト: http://nikolaido.org/

RELATED

PAGE TOP