ぶらり散歩で身近な日本史

神社仏閣

「 神田明神 」東京108町内会の氏神様

東京千代田区外神田にある「 神田明神 」は1300年の歴史を誇り、大手町、丸の内、神田、日本橋、秋葉原、築地魚市場など、東京108町内会の氏神様です。正式名称は「神田神社」ですが「明神様」の名で親しまれています。日本経済の中枢ともいえる町の氏神様、「神田明神」をご紹介します。

神田明神_foundjapan

神田明神 の歴史

ー関ヶ原の戦いでは徳川家康が勝利を祈願ー
神田明神 が創建されたのは730年、奈良時代にさかのぼります。天下分け目の関ヶ原の戦い(1600年)では、徳川家康が神田明神で戦勝を祈願して勝利したことから、江戸幕府から崇拝されるようになりました。

1616年に現在の地に移転して以降、「江戸総鎮守」として、町民から将軍家まで幅広い人々に崇拝されてきました。現在では日本経済の中心地にある神社として、仕事運アップや商売繁盛を祈願する人たちが参拝に訪れています。

神田明神_foundjapan
神田明神_foundjapan

神田明神 の見どころ

随神門

参道を歩き、青銅色の鳥居の先に見えてくる朱塗りの大きな門が随神門です。神域に入る邪悪なものを祓う役割を担っていて、昭和天皇御即位50年の記念事業として1975年に新たに再建されました。

鮮やかな朱色と金箔が美しく、外回りには四神(朱雀・白虎・青龍・玄武)、内側には「因幡の白兎」など、だいこく様の神話になぞらえた彫刻が飾られています。二層目にある金箔が施された「繋馬」の彫刻は、平将門公に由来します。

門をくぐる前に、門の手前左側にある手水舎で手を清めるのをお忘れなく。

神田明神_foundjapan
神田明神_foundjapan
神田明神_foundjapan

御神殿

江戸らしいきらびやかさのある総朱漆塗りの御神殿は1934年に再建されました。江戸時代後期を代表する御神殿が関東大震災(1923)により焼失した経験から、当時としては画期的な鉄骨鉄筋コンクリート造りで再建されました。

第二次世界大戦末期の東京大空襲(1945年)では一面が焼け野原となり、境内でも多くの建造物が焼失しましたが、耐火構造だった御神殿だけが戦火を耐え抜きました。平将門公が祀られています。

神田明神_foundjapan
神田明神_foundjapan
神田明神_foundjapan
神田明神_foundjapan

だいこく様尊像

境内には、七福神をかたどった像が祀られています。開運招福にご利益のある「だいこく様尊像」は随神門をくぐって左手にあり、その大きさは高さ6.6メートル、重さ約30㌧。石造りの大黒様としては日本一です。
開運招福だけでなく夫婦和合や縁結びにもご利益があるそうです。

神田明神_foundjapan

江戸神社

「 神田明神 」よりも歴史が古く、江戸最古の地主神として多くの人に信仰されています。社には千貫神輿(せんがんみこし)、そして境内には、江戸三大祭りの一つ「神田祭」で使われる神輿も収められています。

2年に1度、5月中旬に開かれる神田祭の時には、神田や日本橋、秋葉原などで神輿や曳き物を運ぶ大行列が町を練り歩き、多くの人で賑わいます。

神田明神_foundjapan
神田明神_foundjapan

獅子山

神田明神 の正面右側には、獅子山と呼ばれる大きな岩山のようなものがあります。岩山の上には2頭の大きな獅子がいるのが分かりますが、岩の間を水が流れ落ちていく先に小さな獅子がいることにお気づきでしょうか。
能の出し物「石橋(しゃっきょう)」にちなみ、我が子をあえて谷底に突き落として試練を与え、成長を促している姿を表しています。

神田明神_foundjapan

神田明神 文化交流館「EDOCCO(エドッコ)」

境内をゆっくりと巡った後は、神田明神文化交流館にぜひ立ち寄りましょう。創建からまもなく1300年を迎えるのを前に、2018年にオープンしたばかりの新しい施設です。
神札授与所やお土産店、飲食店のほか、ライブもできる多目的ホールもある複合施設で、日本の伝統的な文化を体験できるスタジオは、外国からの観光客には嬉しいスポットです。

神田明神_foundjapan
神田明神_foundjapan
神田明神_foundjapan

アニメファンの聖地としての顔も

歴史ある神田明神ですが、近年では秋葉原を舞台としたアニメ「ラブライブ」に登場したことから、“聖地”として、アニメファンの人気を集めるようになりました。アニメとコラボしたキャラクターグッズも販売され、休日になると写真を撮りに訪れるファンの姿が見られました。

夜は燈明に照らされ幻想的な雰囲気に

境内は24時間解放されており、昼間はもちろん、仕事帰りの夜にも気軽に立ち寄れます。夜には580の燈明が明るく境内を照らし、幻想的な雰囲気が味わえます。昼の顔と夜の顔、両方を体験してみてはいかがですか。

神田明神_foundjapan

神田明神 へのアクセス

所在地:東京都千代田区外神田2-16-2

TEL: 03-3254-0753

最寄り駅:
中央線・総武線 御茶ノ水駅(聖橋口)より徒歩5分
京浜東北線・山手線 秋葉原駅(電気街口)より徒歩7分
東京メトロ丸ノ内線 御茶ノ水駅(1番口)より徒歩5分
東京メトロ千代田線 新御茶ノ水駅(B1出入口)より徒歩5分
東京メトロ銀座線 末広町駅 より徒歩5分
東京メトロ日比谷線 秋葉原駅 より徒歩7分

公式サイト:https://www.kandamyoujin.or.jp/

RELATED

PAGE TOP