ぶらり散歩で身近な日本史

神社仏閣

「 東京大神宮 」東京のお伊勢さま

心結び、良縁、幸結びなどさまざまな幸せを運び込む 東京大神宮は 、“東京のお伊勢さま”と称され親しまれています。神前結婚式を初めて行った神社として有名であり、全国各地から「伝統ある和婚をおこないたい」と願う人が集まるスポットです。

東京大神宮_foundjapan

東京大神宮 とは

江戸時代から三重県にある伊勢神宮へのお参り「お伊勢参り」は、誰もが人生に一度は行きたいと切に願うものでした。しかし行くとなると時間やお金、体力も必要です。そこで1880年、東京の伊勢神宮として東京大神宮は創建されました。東京大神宮 へお参りすれば、お伊勢参りをしたと同じご利益が授かる遥拝殿です。

遥拝殿創建当時は、現在の場所ではなく、日比谷の地に鎮座していたことから「日比谷大神宮」と称されていました。1928年関東大震災により社殿が倒壊焼失し、現在地に再建復興され「飯田橋大神宮」と呼ばれていました。戦後に宮名を「 東京大神宮 」と改め、今に至っています。

東京大神宮_foundjapan

明治時代の古地図(参照:https://map.goo.ne.jp/history/)を見ると、日比谷公園の近くに「大神宮」の文字が確認できます。

東京大神宮_foundjapan
東京大神宮_foundjapan

東京大神宮 の見どころ

コンパクトな境内

日本の観光スポットとして名高い神社は、広大な敷地で広々とした空間が広がっている場所がほとんど。一方、東京大神宮 は観光の合間にふらっと気軽に立ち寄れる、コンパクトな境内が特徴です。鳥居をくぐり参道を進むと、神社のシンボルである社殿が現れます。参道の中心は神様が通るところといわれているため、堂々と真ん中を通るのは避けましょう。

拝殿の右側には樹齢100年以上のご神木があり、エネルギーを感じられる浄化エリアとして注目されています。木陰があり川のせせらぎが聞こえてくるので、心が落ち着く場所。夏に訪れるときはぜひ行ってほしいエリアです。境内には休憩できるようなスペースもあり、境内の散策後はひと休みできます。

東京大神宮_foundjapan
東京大神宮_foundjapan
東京大神宮_foundjapan
東京大神宮_foundjapan

商売繁盛のご利益

神門の右側にあるのが飯富稲荷神社です。お稲荷さまは商売繁盛や業繁栄の神様として知られています。また歌舞伎役者9代目、市川團十郎が熱心に信仰していたことから、芸能の神様としても有名な社として知られています。

東京大神宮_foundjapan
東京大神宮_foundjapan

神前結婚式のはじまり

明治33年大正天皇(当時は皇太子殿下)ご夫妻の結婚式が、皇居内にある賢所のご神前で執り行われました。それまでの結婚式は家と家を繋ぐ慶事として、自宅で行われる事が一般的であったために、神道の神々に誓いを立てるご神前での厳かな結婚式は人々の憧れとなりました。翌年の明治34年当時日比谷大明神であった東京大神宮は、日本古来の伝統と美風を継承した神前での挙式を一般の方々に執り行い、神前結婚式が日本の結婚式のスタンダートとなりました。

東京大神宮_foundjapan

縁結びのご利益

東京大神宮は恋愛成就や良縁など、さまざまな縁結びを願う女性を中心に多くの方が参拝に訪れています。境内では縁結びにまつわるお守りや恋愛運を占う恋みくじ、願いをしたためる絵馬などで恋愛成就や良縁の運を呼び込むことができます。

さらに縁結びのパワーを強めたい方は、境内にある猪の目(いのめ)と呼ばれるハートの形をした模様を探してみましょう。猪の目は古来より魔除けのとして使われ、見る・触ると縁結びのパワーを強めてくれるとの噂。猪の目は神門の扉や拝殿前の灯篭など、境内の至る所にあるのでぜひ探してみてください。

東京大神宮_foundjapan
東京大神宮_foundjapan

東京大神宮 へのAccess

所在地:東京都千代田区富士見2-4-1

TEL: 03-3262-3566

最寄駅:
JR中央・総武線「飯田橋駅」
東京メトロ有楽町線・南北線・東西線「飯田橋駅」
都営地下鉄大江戸線「飯田橋駅」
下車 徒歩約5分

公式サイト:http://www.tokyodaijingu.or.jp/index.html

RELATED

PAGE TOP