ぶらり散歩で身近な日本史

「小田原城」テーマパークの城

お城と聞くと、お年寄りが老後の楽しみにとっておくもの、小さい子が行くと迷惑がかかる所、と敬遠されるお母さまが一定数おられます。
ですが、それは大きな間違いです!

今や日本の主なお城は、子供向けの場所へと変わりつつあるのをご存知でしょうか?
都心や観光地からのアクセスがとても良い「小田原城」について、その楽しみ方やおすすめポイントを紹介します。

「小田原城」で嬉しい着付け体験

天守閣に入る前、常盤木門で行われている着付け体験!?
甲冑打掛忍者衣装陣羽織といった様々な昔の衣装が用意されています。
多くの衣装から自分が着たいものを選ぶことができ、男の子でも女の子でも、さらには大人でも楽しめる企画となっています。
しかも、貸出時間は最大1時間!ゆっくり写真を撮ることができます。
いつもと違う服で、お城をバックに写真を撮るなんて、最高の思い出になるのではないでしょうか?

お城の着付け体験で忍者?と不思議に思った方もいらっしゃるかもしれません。
実は、小田原城の城主であった北条氏には、お抱えの忍者一族がいたんです。ご存知でしたか?

この一族、『風魔一党』は只今絶賛売り出し中!
甲賀の里など有名どころに押されて知名度が低いことを気にしたのか、小田原城では忍者体験のイベントも夏に行われています。
風魔まつりと称されるこのイベントでは、乗馬体験や手裏剣体験など、子供が喜ぶ催し物が多数あります。
今年のスケジュールは未定とのことですが、毎年8月下旬に開催されておりますので、是非チェックしてみてください!

小田原城天守閣近くには、「遊園地」

お城の中。子供は飽き始めているけどお父さんは展示に夢中……なんてこと、珍しくありません。
そんなとき助かるのが、天守閣からほど近いこども遊園地。
ここには、豆汽車や豆自動車などの遊具が設置されています。
お城の雰囲気を壊すことなくちびっこを楽しませてくれる場所です。
豆汽車・豆自動車は一回80円、自動遊具は30円という安さなので、何度でも気軽に遊ばせることができます。
器具はすこし古いですが、安全に問題はありませんし昔ながらの雰囲気が素敵な場所です。

疲れっちゃったら、少し趣向を変えて図書館

『まだ出発予定まで時間があるけど見尽くした…』、『子供も遊び疲れてる…』、『寒いし外で遊ばせたくない…』
そんな時は、同公園内にある市立図書館に赴いてはいかがでしょうか?

絵本や児童書、紙芝居など子供も楽しめるラインナップ。
児童閲覧スペースもあり、くつろげる空間となっています。

また、トイレがすぐ近くにあるのも嬉しいポイント!
さらに、この図書館には授乳スペースもあり、誰でも利用することができます。
小さいお子さんへの配慮が行き届いた図書館です。
気軽に入ってみてください(^^)

 季節を選んで、小田原城へ

さて…いかがでしたでしょうか?
ほんの少しでも「小田原城」の魅力が伝わったら嬉しいのですが…
今やお城は、歴史を学びながら、周りの施設も楽しめるテーマパークへとその姿を変えつつあります。
ファミリーで行っても十二分に楽しめるスポットなんですね~。

アクセス

〒250-0014 神奈川県小田原市城内6-1

・「小田原駅」より徒歩約10分

<strong公式サイト

https://odawaracastle.com/

RELATED

PAGE TOP